一体に一台 アイロンで衣類をキレイに

アイロンの歴史は紀元前1世紀の中国から始まっていた

今ではどこの家庭にも置いているアイロンですが、アイロンの歴史は意外に古いことをご存知でしょうか。アイロンのルーツは紀元前1世紀頃にまでさかのぼるというから驚きですね。

紀元前1世紀頃、治癒動くでは勤続で造られた鍋に熱を加えて、鍋の底で衣類のシワを伸ばしたことがアイロンのルーツとされています。温度の高い熱を加えて衣類にあてて滑らせて使うという点では、昔も今も同じです。

しかし、近年はアイロンの機能も多様化しており、水を入れてスチームが出るタイプのアイロンが定番になっています。とくにスチームを使わずに加熱のみのアイロンのことをドライアロン、スチーム機能を使うアイロンのことをスチームアイロンといった呼び方をするようになりました。

従来のアイロンは、電源コードがついたものが主流でしたが、近年はコードレスのアイロンも次々に登場してきました。コードレスだと、わざわざコンセントの近くでアイロンをかける必要もありません。

最新のアイロンの上手な選び方は素材と消費電力にこだわること

一昔前のアイロンは思い金属製が主流でしたが、今ではアイロンの素材も多種多様となりました。とくに衣服とアイロンが触れる部分の素材は、実に種類が豊富です。
従来のような金属製のものは今ではほとんど見かけなくなり、セラミック・フッ素・チタンなど重量が軽いタイプのものが主流となりました。
それでは、それぞれの素材の特徴・メリット・デメリットに触れてみたいと思います。
セラミック系の素材は、とくに高級にアイロンによく使われています。滑りがとてもなめらかで耐久性が高く、使い心地の良さは抜群です。
チタン系のアイロンは、セラミック系よりもややコスト安になります。シルバーチタンがコーディングされたアイロンも耐久性が高くて、根強い人気があります。

フッ素加工が施されたアイロンは、チタン系・セラミック系よりもお手頃な価格です。ただし、なめらかさでは少し劣るのが難点です。
アイロンの素材も重要ポイントではありますが、やはり気になるのがコスパですね。アイロンは熱のパワーを用いるので、消費電力が気になるものです。
一般家庭用のアイロンの多くは、消費電力が1000W前後のものが主流です。
消費電力が高ければ高いほど熱のパワーが強いのですが、それよりも消費電力が大幅に低いタイプのアイロンももちろんあります。
これからアイロンを購入するのに、素材とコスパにこだわり、多数のメーカー・多数の機種の中から、自分のニーズに見合うものをじっくりと選んではいかがでしょうか。

アイロンの人気ランキング 2019年最新版


Warning: include(http://shopbopguide.jp/ranking/top4.php?id=212585&keyword=アイロン): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/nextad/shopbopguide.jp/public_html/wp-content/themes/4536/page-templates/post.php on line 77

Warning: include(): Failed opening 'http://shopbopguide.jp/ranking/top4.php?id=212585&keyword=アイロン' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.29/data/pear') in /home/nextad/shopbopguide.jp/public_html/wp-content/themes/4536/page-templates/post.php on line 77

スポンサード広告

カテゴリー

この記事を書いた人:通販大好きママ